女性

マイホームが古くなったら外壁塗装を決行しよう

外壁に機能性をプラス

ペンキ

環境に合わせて塗料を選ぶ

大阪と一言でいっても、エリアごとに環境には特色があります。大阪には海沿いの街もあれば、大きな幹線道路が通るエリア、川や池が近くにあるという地域など、エリアエリアごとに特色に違いがある県です。環境が違えば当然、家を劣化させてしまう原因にも違いが出てきます。大阪の場合、潮風による塩害や車が出す排気ガスの汚れ、川や池の近くに建てられた家であれば、湿気による外壁の劣化を考えなくてはいけません。家を建てた場所の環境は変える事は出来ないものの、家の機能性は変える事が可能です。外壁の場合、外壁塗装によって機能性をプラス出来ます。外壁塗装に用いられる塗料の種類は様々です。一昔前は外壁の色褪せを解消し、新たな塗膜を作るウレタン塗料やアクリル塗料による外壁塗装が、大阪では一般的でした。ですが、年々新しい塗料が誕生しウレタン塗料はアクリル塗料には無い、機能性を持つ塗料で外壁塗装が行えるようになったのです。フッ素塗料やラジカル塗料、光触媒塗料といった最新の塗料であれば、塩害や外気による汚れ、湿気によるカビなどを防ぐ効果を外壁に付与出来ます。しかも、塗料によってはセルフクリーニング効果といって、雨で外壁についた汚れを落としやすくしたり、汚れ自体を分解するといった機能までついているのです。家が建っている環境に合わせ、塗料を選ぶ事によって外壁のメンテナンスが出来るのはもちろん、外壁自体に機能をプラス出来るという点は大きな魅力と言えるでしょう。